トップページ > 記事閲覧
Android版:DXアーカイブの暗号化機能について
名前:was-blue.0793 日時: 2018/10/31 18:52

DXアーカイブにはパスワードで内部ファイルを暗号化する機能がありますが、 Android(iOS)アプリをストアに公開する上では、日本及び米国の法律で暗号化技術を含むアプリに規制があるようです。 参考:http://tmurakam.hatenablog.com/entry/20111009/1318137457 Android(iOS)のアプリをストアに公開することは日本及び米国からの輸出にあたり、鍵長によって規制対象となるかが変わります。 概ね共通鍵方式で56bit、公開鍵方式で512bit以上の鍵を使う暗号化は、アルゴリズムに関わらず規制対象となる暗号化になります。 DXアーカイブに使っている暗号化の鍵長・方式によってはDXライブラリを使うAndroidアプリ全体の問題になると思います。 Android(iOS)版に限り、DXアーカイブの暗号化・復号化機能を外した方がよいかと思いますが、いかがでしょうか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 |

Re: Android版:DXアーカイブの暗号化機能について ( No.1 )
名前:8127 日時:2018/10/31 10:05

横から失礼します。 DXアーカイブのver1.05以前は共通鍵方式で12bit、ver1.06以降は共通鍵方式で128bitなので56bit以上ではありますが、 hTTp://tmurakam.hatenablog.com/entry/20111010/1318185080 を見る限りですと、 引用"蛇足ですが、オープンソースなどで一般公開されている暗号ソースコードは許可例外TSU(740.13(e))というものを使って テロ支援国以外に輸出できるようになっています" とあるのでオープンソースのDxlibは大丈夫なのではないでしょうか。 何か違ってたらツッコミください。
メンテ
Re: Android版:DXアーカイブの暗号化機能について ( No.2 )
名前:was-blue.0793 日時:2018/10/31 18:53

確かに「許可例外TSU」で検索すると、一概に暗号化技術を使っているからといって規制対象になるわけではないようですね…… しかし、許可例外TSUの適用を受けるためには(私の理解ですが)ライブラリを使った事実の公表、アプリ全体をオープンソースにしなければならないなど条件も多いです。 参考:http://dsas.blog.klab.org/archives/52146838.html それだけ暗号はセンシティブな要素を含むものであるのかもしれません。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 |

題名
名前
コメント
パスワード (記事メンテ時に使用)

   クッキー保存